ETCカード

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードの「違い」を簡潔に第三者に説明出来る方、実は意外と少ないかと思われます。
そこで今回は両社の特徴を比較検討する事で、各々が一体どんなカードなのかを一緒に確認してみたいと思います。
まず着目したいのが決済日時が両者では違う点であり、クレジットカードは毎月各社所定日に基本1ヶ月単位の利用総額をまとめて決済します。

対してデビットカードは利用したその瞬間に口座から利用料金分が引き落とされるシステムになっています。
次に利用限度額の設定ですが、クレジットカードは月々の利用限度額が各社各契約者毎に設定されていますが、デビットカードは利用者の預金残高とATM利用料金を合算して1日50万円以内です。
またクレジットカードの本人確認は利用者のサインもしくは暗証番号の入力で行いますが、デビットカードは預金支払用に設定した暗証番号を入力します。

こうした両者の違いを通じ、各々のメリットとデメリットも見えて来ますので、次にその辺りをチェックしておきましょう。
即日引き落とされないクレジットカードは支払いまでに余裕がありますが、逆に自己管理をしっかりしておかないと「使い過ぎ」に陥るリスクを含んでいます。
対してデビットカードは口座残高が利用金額を下回っている場合には利用出来ない為、実質的には現金決済と同じですが、浪費に走ってしまう事に自然とブレーキが掛かります。

昨今ではクレジットカードとデビットカード双方を所有する人も増加傾向を見せており、今後も右肩上がりを続ける事はほぼ間違いありません。
更にはクレジットカードとデビットカードが1枚に一体化したカードも数多く流通しており、適材適所で利用する人達にとって重宝されています。
但し双方共に「手元に現金が無くても時に高額決済が出来る」便利さに麻痺する事無く、利用者は自身のその時点での経済状態をしっかり把握自己管理する姿勢が求められます。

カードが利用出来たからと調子に乗って使い過ぎてしまうと、いつしか口座残高が底をついてしまっていたり、月末の請求金額に真っ青になってしまわないとも限らないのです。
今日インターネットを利用すれば、現在市場に流通している各種クレジットカード、デビットカードに関する情報を閲覧から比較検証する事が可能です。
各々が自社独自のメリットを謳っていますので、自身のライフスタイルにマッチした商品を手元に準備しておけば、有事に便利である事は間違いありません。

このページの先頭へ