ETCカード

クレジットカードの審査で職場に電話される?

クレジットカードの審査に際し「審査の為に職場に電話されないか」と不安疑問を抱く方は少なくありません。
決して悪い事をしている訳ではありませんが、クレジットカード会社から職場に電話が入る、という事態を感覚的に「避けたい」と感じるのが私達に共通した価値感感覚なのは紛れもない事実です。
また職場側も根拠こそ皆無にも関わらず「クレジット会社から電話が掛かって来た」という状況に対し、好印象とは反対のイメージを抱いてしまう傾向が見られるのも残念な現実でしょう。

基本審査に際しては、全てのクレジットカード会社は、申込者の職場在籍確認作業を行います。
但しこれらの情報は提携する信用情報機関の個人情報に基づきますので、例えば直前に転職し、クレジットカード会社に伝えた現在の職場と情報機関の資料が異なるケースも想定されます。
こうした場合、クレジットカード会社の判断で申請者が伝えた現職場に確認の電話が入る可能性は避け切れません。

あるいは申請者の過去の自社他社クレジットカード利用歴から「要確認電話」と会社側が判定した場合にも電話が入る可能性があります。
そして非常に残念な展開ですが、確認の電話が入り在職が確認されたにも関わらず、最終的に審査結果が「不可」という場合も皆無ではない事も、頭の片隅に置いておきましょう。
また確かに在職しているにも関わらず、何らかの偶然や意思疎通のズレなどから在職確認が取れなかった場合、申請者自身には他に何の問題が無くともカード発行不可となる場合も見られます。

これは不運以外の何物でもありませんが、結果として「在職確認不可が理由でカードの新規発行が不可」という前歴となってしまい、諦めるしかないのが現状です。
但し全ての申請者の勤務先に必ず確認の電話が入る訳では無く、勤続年数が一定期間以上であり、信用情報機関の資料と合致すれば電話確認を省略される事も数え切れません。
事実「その場で即日審査」を謳うクレジットカード会社も複数見られますので、こうした会社は後日確認作業を基本省略していると推察されます。

最終的にどのような基準でどのレベルまで審査するのかは、クレジットカード会社各社の「自由」なのです。
職場への電話を少しでも回避したいのであれば、申請時に「転職直後です」「確認電話に関してはこのように対処を希望します」など、事前に自身の意向を伝えるのも申請者側の自由権利です。
但し全てを受け入れて貰え、希望通りの対応が約束される訳ではない点は承知しておきましょう。

このページの先頭へ