ETCカード

Suica付きクレジットカードの特徴

最近俄に注目を集めているのが、Suica機能が付いたクレジットカードです。
ちなみにSuicaとはJR東日本が採り入れている非接触タイプのICカードFeliCaのノウハウを導入しているカードであり、電子マネー機能も有するひじょうに便利なカードです。
JRで通勤通学している人達にとっては、このカード1枚で駅の売店などの決済も簡単に済ませる事が可能であり、大変重宝出来ます。

平たく表現すれば「JRの定期券にJR関連の売店での決済が可能なカード機能が付随し、更に大手クレジットカード会社のカードとしても機能する万能型カード」となります。
これまでも複数のクレジットカード会社のカードが1枚に集約された物は存在していましたが、定期券と電子マネー機能が1つになっているところが斬新な特徴です。
JR東日本利用客を中心に急速にその契約者数を伸ばしているSuica付きクレジットカードですが、関東圏に利用者が集中しているのはカードが有する機能特徴から当然の傾向です。

九州や北海道在住の人達ではこのカードのメリットを十分活かす事は出来ません。
今日インターネット上ではこれらSuica付きクレジットカードの比較一覧表が閲覧可能です。
複合して提携している会社各々のポイントや利用可能範囲の詳細など「既にこんなに沢山のSuica付きカードが存在しているのか」と驚く程多種多様なクレジットカードに関しての情報が確認出来ます。

皆さんが普段多用している店のカードにSuica機能が付いていれば、こまめに有効利用すれば大きなメリットを着実に得る事も可能かと思われます。
昭和世代の定期券を改札の駅員さんに提示し、売店での精算は当然現金小銭の手渡しだった世代の中には、最近の全てが電子次期で処理される風潮に抵抗戸惑いを覚える方も少なくありません。
それでも時代の流れは着筆にキャッシュレスな世界に向かっており、例えば自動改札を見ても旧来の磁気タイプの定期券や切符を挿入対応出来る機械は徐々に減少傾向を見せています。

Suica付きクレジットカードは間違いなく、その便利な多機能性で利用者の手間暇と時間負担を軽減してくれる、大変便利な存在として今後更に利用者を右肩上がりで増やして行く存在です。
JR東日本を日々ご利用の方であれば、この機会にぜひ1度、1枚手元に作成してみる事を検討される事をお薦めしたいと思います。
一旦使い慣れてしまえば、その利便性に驚くと同時に「無くては不便な存在」となる事、間違いありません。

このページの先頭へ