ETCカード

最短どのぐらいでクレジットカードが手に入る?

突然想定外のキャッシングが必要となった際、1分1秒でも早く作成出来るクレジットカード会社を探すのは当然の行動です。
とはいえクレジットカード作成には「審査」という避けては通れない過程ハードルが存在しています。
申請者の個人情報や過去の履歴などを信用情報機関から取り寄せ照合する作業ですから、多くの方々が「中数日要してしまうだろう」と考えてしまうのも至極当然です。

ですがこうした利用者のニーズに応えるべく、クレジットカード各社は「よりスピーディーな新規発行の実現」にも努力を惜しんでいません。
一例としては、インターネットでの申込で最速即日発効を可能にしている会社も複数確認出来ています。
但し審査通過次第、郵送で届く流れとなりますので、実質的に申込者がカードを手に出来るのは、最短でも申込翌日移行となる点は致し方ありません。

更には最近全国各地に続々と増設されている「無人コーナー」で申し込む事で、最短30分で発行を謳うクレジット会社も登場しています。
具体的には無人コーナーの機械を用いて指示に従って申込手続きを進め、その場で本人確認などを通信で行い、審査OK次第即クレジットカードが発行されるというスピード対応なのです。
これなら「今日まとまった金額を調達せねばならない」という状況下でも十分対応が可能でしょう。

一昔前のクレジットカード申込といえば、専用の申込用紙を取り寄せ、直筆で必要事項を記入捺印から郵送し、クレジット会社に到着してから順次審査が為される流れでした。
申込者がどんなに急いでいたとしても、物理的に最低でも申込日から1週間から10日間を要する事を覚悟せねばなりませんでした。
そうした状況と比較すれば、昨今は可能な限りの最短時間発行が既に実現されていると言えるでしょう。

クレジットカード各社は自社カードの新規発行に要する時間を公式ホームページ等で明記配信していますし、独自に発行時間を比較し一覧表形式で掲出しているページも多数見られます。
但し審査に要する時間に関しては、申し込む時点での諸々の状況や申込者に因って当然異なって来ます。
宅配料理屋のように「30分以上要したならお詫びに利用限度額をアップ」といった事は断じてありませんので、あくまで発行時間は目安として踏まえておきましょう。
何より「クレジットカードが無ければ金策がつかない」というギリギリの状態に陥らない様、普段から余裕ある計画的な金銭管理に努める事が大切です。

このページの先頭へ