ETCカード

クレジットカードのローン審査

クレジットカードを新たに作成し利用するに際し、避けて通る事が出来ない、利用者からすれば「厄介なハードル」とも感じられるのが、ローン審査です。
過去この審査に落ちた苦い経験をお持ちの方からすれば、これだけで腰が重く退けてしまうかも知れませんし、初めて審査申請する人にとっては不安と緊張感で何とも落ち着かない事でしょう。
クレジットカード会社からすれば、契約者が利用した金額を一旦肩代わりし、後日利用者に請求する訳ですから、当然無審査で全ての人達に無条件でカードを貸与は出来ません。

自社クレジットカードのローンの利用を承認するには、その人物に一定の定収入が有り、過去にトラブルなどの前歴が無い事を確認しなければならなくて当然です。
具体的なローン審査の詳細や基準設定に関しては各クレジットカード会社によって異なっており、いわゆる「審査が通りやすい会社」「厳しい会社」と囁かれる状況にも繋がっています。
また審査もただ「ローン可能」「ローン不可能」と2つだけの判定では無く、利用者に応じて利用可能限度額が異なる「上限制限」を設ける事で審査OKと判断するケースも少なくありません。

この辺りが「学生でも高額ローンの審査が通りやすい会社」「高額収入でも審査が厳しい会社」などと口コミなどで語られているのも現状です。
クレジットカード会社側は常に新規利用者を募っていますので、その多くが「簡単短時間審査」「学生や主婦の方でも大丈夫」などと自社の間口の広さを謳うコピーを多数配信しています。
但し誰もが申し込めば100%OKという事は断じてなく、必ず審査をクリアせねばならない事を忘れてはなりません。

クレジットカードのローンは利用者が「借り入れている状態となる」事であり、借りた金額には所定の利子を添えて返す義務が当然生じます。
だからこそ返済能力に疑問のある方は、クレジットカードのローンを最初から利用出来なくても仕方ないのです。
今日インターネットを利用すれば、各クレジット会社に関するローン審査のハードルの高さに関してのさまざまな情報が閲覧収集可能です。

実際の体験談なども数多く語られていますので、年収や年齢職業など、自身に近い人のコメントは参考になるかと思いますが、鵜呑みにする事は避けねばなりません。
クレジットカード会社は複数の信用調査機関と提携しており、表には出る事の無い審査を申請した利用者の情報を総合的に確認吟味の上、審査判定を決定しているからです。
「A社ではOKだったけれどB社ではダメだった」という審査結果が出る事も珍しくなく、非常に乱暴ですが「運」が影響する部分も皆無では無さそうです。

このページの先頭へ