ETCカード

クレジットカードのリボ払いとは?

「どれだけ使っても毎月一定額の支払いでラクラク」といった文言で紹介語られる、クレジットカードのリボ払いですが、何となくその実態を正確に掴み切れないままの方も少なくありません。
ここではそんなリボ払いを正しく理解し、本当に自身の経済状態やライフスタイルにマッチした支払方法であるか否かを確認しておきたいと思います。
皆さんご存知の「分割払い」の場合、最初に決定するのは「合計何回に分けて支払います」と支払い回数を決める決済スタイルです。

ですから仮に3万円を6回で支払うよりも、12万円を同じく6回で支払う方が月々の支払金額は大きくなりますが、6回支払った段階で利用金額は完済となります。
対して「リボ払い」は「毎月いくらずつ支払います」と月々の支払金額を設定する決済方法です。
当然利用金額に対し、月々の返済金額を少額に設定すれば、返済期間は中長期的になります。

月々の返済額が均一化されるので、利用者としては負担軽減に感じられるのがメリットですが、後述する注意点を見逃してはならない一面も有しています。
なお多くのクレジットカード会社では、リボ払いに対してより多くの自社ポイントをつける傾向が見られます。
自身の利用金額など現状と与えられるポイント量のメリットを慎重に吟味して、結果「得」と判断出来たのであれば、リボ払いを利用するのも一案です。

但しリボ払いの場合、毎月の支払金額の中に「返済元金」「利息」が各社の独自設定で含まれており、分割払いと比較して高目の金利設定であるケースが主流です。
最終的に利息を含めた総支払額を算出すると、分割払いより高額となるのが一般的です。
上記の多くのポイントゲットなどのメリットと比較して金銭的負担が大きいと判断されれば、必ずしも「お得な決済方法とは言えない」事も踏まえておきましょう。

ちなみに予備知識ですが、国内から個人輸入手法で海外から商品を購入しクレジットカードで決済した場合、自動的にリボ払い設定となるケースが多々見られます。
支払い方法をリボ払いから残金一括精算に切り替えたい場合は、利用クレジット会社に直接連絡の上で交渉する作業が伴います。
月々の返済の負担感覚が軽く、多くのポイントが付与されるメリットと、時に利息を含む支払い総額と期間が大きく長くなり兼ねないデメリット、双方を有するのがリボ払いだと知っておいてください。
自身の状況を冷静に把握して活用すれば、最大限メリットを活かす事が可能な支払い方法です。

このページの先頭へ