ETCカード

海外利用におすすめのクレジットカード会社

現在国内ではそれこそ、数え切れない程の種類のクレジットカードが発行され流通し、多くの人達が各々複数枚のカードを保有し使い分けているのが現状です。
2社以上のクレジットカードが1枚に一体化したカードも珍しくなく、ショッピングクレジット、キャッシングなど用途に応じて各社の利用が可能であり、非常に便利な存在として活躍しています。
但しこれは日本国内のお話であり、海外で利用するのに便利なクレジットカード会社となると、当然その判断の視点や着眼点、メリットを見出すべきポイントも異なって来ます。

ここでは海外で利用するのにお薦めのクレジットカード会社の判断基準に関し、皆さんと一緒に確認検証してみたいと思います。
海外で利用する以上、何より外せないのは「世界各国で利用可能なカード会社」である事が大前提です。
例えば店舗での買い物の支払いをクレジットカードで処理しようとする場合、その店舗が提携しているクレジット会社のカードしか使用出来ないのは皆さんご存知の通りです。

国内の特定の系列店舗のカードを海外の店舗のレジで差し出したところで、どれだけ預金残高に余裕が有ろうとも「使用不可」であり、何の効力も持たない単なるカードに過ぎないのです。
こうした視点から判断すれば、やはり全世界レベルの最大手クラスのカード会社のカードを最低でも1枚、出来れば2枚準備しておけば、かなり広範囲をカバーする事が可能でしょう。
各クレジット会社は自社の利用可能地域など、現時点での状況情報を公式サイトで明記配信していますので、自身が利用する海外の地域と照らし合わせて確認しておきましょう。

あるいは各社クレジットカードを比較形式で掲出し、各々のメリットを紹介しているページも多数配信されていますので、これらも活用するとより多くの情報をもとに吟味出来ます。
更に世界規模で利用が可能なクレジットカード会社は、現地での予期せぬトラブルに対する諸々の対応サービスを準備していますので、これらに関しても要チェックです。
現地での病気、事故に際しての対応、盗難や紛失時の対応、日本語でのフォロー態勢など、不慣れな海外で困った事態に陥った際のケアは見落してはならないポイントです。

日本は世界屈指の治安の良さと犯罪率の低さを誇る国ですので、同じ感覚を海外に持ち出してはリスクは高まるばかりです。
過剰に恐れる必要こそありませんが、国内では通常想定しない事態に見舞われる可能性を十分想定の上、そうした事象に少しでも確実に対応してもらえるクレジットカード会社を選んでおくべきです。
最終的には数社が候補になるかと思いますので、年会費などクレジットカードを保有するに際して発生する経済的負担など細かい点も含め、総合的に最終選択する姿勢が大切です。

このページの先頭へ