ETCカード

クレジットカードの支払いは引落し以外ない?

クレジットカードの使用代金の決済と言えば、通常指定口座からの引き落としが一般的ですが、個人的な諸々の事情でそれ以外の決済方法を希望される方も実際少なくありません。
あるいはうっかりミスから振替日当日に残高不足を起こしてしまわないとも限らず、支払う意思も金額も準備出来ているのに「振替不能」に対処出来ない状況となるのは本意ではないでしょう。
クレジットカードの支払い方法は引き落とし以外にも、次に紹介する方法が選択可能ですので、ぜひこの機会に予備知識として確認しておいてください。

まずはクレジットカード会社の指定口座への「振り込み」による決済です。
ここで必ず実行すべきなのが、事前にクレジットカード会社へその旨を連絡確認する事で、これは利用内容次第では引き落とし前に早期決済する場合、手数料が異なるケースが存在するからです。
前倒しで手数料が減額となる場合がある事を知っておきましょう。

ちなみに多く振り込み過ぎた場合、翌月利用料金と相殺され、翌月利用が無ければ返金されるのが一般的です。
次に全国各地のクレジットカード会社の有人窓口に出向いての店頭精算や、無人ATMを利用しての精算も可能です。
機械の画面の表示に沿って作業を進めれば、当日の精算総額が表示されますし、引き落とし前日までであれば一部精算が可能なクレジット会社も多数存在しています。

万一先に述べた「うっかりミスから残高不足」に早期に気づいた場合は、まずはクレジット会社にその旨を連絡の上、早期精算の意向を速やかに伝える事が重要です。
精算方法や金額はオペレーターが電話を通じ、口頭で知らせてくれます。
迅速に対応すれば「延滞事故」とは記録されず、皆さん自身の利用信用度に傷がつく事も十分回避出来るので、この場面では「善は急げ」を徹底してください。

現実には新規契約時に指定口座の設定を義務付けられますので、規約に沿って確実に引き落とし日前日までに十分な残高を確保しておく姿勢を習慣化する事が大切です。
クレジットカード会社の利用者への指定意向はあくまで基本「利用者口座から会社指定日に引き落とし」です。
正しく利用を重ねれば利用実績の評価も高まり、利用限度額アップにも繋がり、お手元のカードが更に有益な存在に成長してくれる事も知っておいて損はありません。
ここでご紹介した諸々のイレギュラーな精算は、早期精算以外あくまで振替不能に早急に対処する手段だと踏まえておきましょう。

このページの先頭へ