ETCカード

クレジットカードで購入したものを返品可能?

市場全体でキャッシュレス傾向に拍車が掛かる昨今、それまでなら小銭入れを開いて精算していた買い物もクレジットカードで購入決済する人が急増しています。

そこでそうしたライフスタイルの人達に
「クレジットカードで買った商品は返品出来ると思いますか?」と尋ねてみると、
意外と多くの方々が答えに窮するかと思われます。

基本「返品」という行為に関して決済方法は関係なく、購入店が現金決済での返品対応を謳っていればクレジットカードで購入した場合でも大丈夫です。

但し「決算処分品のため返品不可」など、返品出来ない旨を明示の上で販売されていた商品の場合は、クレジットカード決済云々は関係無く返品は難しいので注意が必要です。

ちなみにカード決済で購入した商品の返品処理に関しては、当然商品と当日店側が発行したレシート、決済に実際に使用したクレジットカードの持参が必要です。
店側でクレジットカードの返品処理を行ってもらい、カード会社からの請求を店側で止めてもらう事で、後日皆さんへ請求が届く事をストップすれば完了です。

また不正防止の視点から、カードで決済した商品の返品に際し、対価分の現金を返金して貰う事は出来ません。
あくまで上記の通り、店側からクレジットカード会社側へ請求の取り消し連絡手続きを行う事で「返品処理」となります。
但し返品時期によってはカードの締め日ギリギリに購入した商品を締め日後に返品するタイミングとなる場合も想定されます。

その場合はカード会社から一旦利用者に請求が届きますが、翌月度に返品金額分を減額請求(相殺)されます。
仮に翌月度にそのカードを利用しなかった場合、返品相当金額分がカード会社から返金される流れとなります。
現金決済の返品とは異なり、カード会社の締め日の期日設定に沿った処理になりますので、このように全てがクリアになるまで時間を要する場合もある事を知っておきましょう。

何より商品購入に際しては十分吟味と検討の上、返品というある意味面倒な行為をせずに済ませる姿勢が1番重要です。
店に足を再度運ぶだけでも、それなりの時間労力交通費などを負担する事となりますし、気持ち的にも店側に申し訳ない感情を伴います。
それでも何らかの予期せぬ理由事情から結果「返品」せざるを得ない場合、基本的にはカード決済でも大丈夫ですので、不安を覚える必要はありません。
速やかにまずは購入店に連絡の上、店側の指示に沿って処理してください。

このページの先頭へ