ETCカード

どんな時にクレジットカードを使用する?

一昔前まではクレジットカードを利用する場面は比較的限られており、各所でのメインはやはり財布から現金を取り出しての現金決済でした。
しかし、さまざまな業種で簡単にクレジットカードが利用出来る環境が整うに連れ、カード自体の普及も加速度を増し、昨今ではキャッシュレス社会化に拍車が掛かっている事を実感するばかりです。
とりわけ最近は一定金額までの利用であればサイン不要のクレジットカードも多数流通しており、カードを通すあるいは翳すだけで決済が完了するスーパーマーケットも多数見られます。

更に完全に市民権を得て久しいインターネット通販はクレジットカード決済が大前提であり、
カードを所有していない方々は利用に制限不自由を感じる程の環境となっています。
あるいはコンサートの前売り先行予約のチケット代精算もカード決済が主流なのは、音楽ファンの若者世代にとっては「当たり前」として周知されています。
そして言うまでも無く、海外旅行などでの日々の精算はクレジットカードが間違いなく主流であり、日本より早くからカード社会が構築されていた国ではカード利用に不自由を感じる事はありません。

多額の現金を持ち歩く事にリスクを感じる地域では、現地での有事の日本語対応サービスや保険的なバックアップ機能も備えられているクレジットカードは不可欠な存在だと言えます。
昭和世代からすればカードが登場する場面は、
例えばホテルのラウンジやフロントでの精算、あるいは高級店でそれなりの金額の買い物に際してなどがイメージとして根強いでしょう。
しかし今日、クレジットカードの利用は小銭入れを開く感覚に限りなく近づいて来ているのです。

現金の受け渡し行為を省く事で、双方の数え間違いから生じるトラブルの回避や時間手間の短縮など、クレジットカードならではのメリットを実感する事が出来るのです。
今後更にその機能を進化させて行く事、間違いないでしょう。

近い将来「使用する場面」よりも「クレジットカードを用いない場面」を挙げる事に苦労する、
そんな時代が来る事、おそらく間違いありません。

但しクレジットカードは「後払い」の精算手段である事を私達は忘れてはなりません。
便利さに麻痺して自己管理を忘れ浪費してしまった結果、月末に届けられた請求総額に顔面蒼白となってしまっては本末転倒です。
カード払い以外にも複数の精算方法を選択出来る場面では、自身の経済状態を瞬時に自己確認の上、上手く使い分ける姿勢も大切なのです。

このページの先頭へ