ETCカード

クレジットカードのブラックリスト

誰もが耳にした記憶のある「ブラックリスト」なる表現、クレジットカードの世界でも用いられています。
いわゆる「過去に決済不履行などのトラブル歴を起こした利用者」をピックアップし、金融機関側が共通情報として「この人は要注意」的にマークする為の一覧表的存在だとイメージしてみてください。
各クレジット会社は各々、信用調査機関と称される個人情報を保有管理している情報会社と提携し、自社クレジットカードを新たに作成申請した人の審査に情報を取り寄せ判断基準としています。

また利用者が決済不履行などを生じさせた場合、その度合いによって「トラブル歴」をこれら情報機関と共有する事で、業界全体に間接的に注意を喚起します。
これがいわゆる「ブラックリストに載ってしまう」という状況なのです。
このブラックリスト、例えばたった1度のうっかりミスで預金残高不足を生じさせた程度でいきなり載せられてしまう事は通常ありません。

口座引落不可の通知が届き、速やかに精算すれば基本大丈夫ですが、毎月これを繰り返してしまうとクレジット会社側からマークされる事に繋がり兼ねません。
毎月引き落とし不可を連続させ、督促に対する対応も遅延を続けてしまうと「契約不履行者」と判断され、ブラックリスト入りへと誘われてしまいます。
この過程に際し、クレジット会社から各々ペナルティが課されるケースも見られるので十分な注意が必要です。

未払い金額に対し、遅延損害金名目でプラスアルファの「罰金」的な金額が課される場合、利用限度額の上限を引き下げられる場合など、いわゆる「警告」が届くケースも多々見られます。
それでも利用者側に改善の兆候姿勢が見られなければ、最終的に「カード利用停止」の処分が課され、名実共にブラックリスト掲載者の仲間入りに至ってしまうのです。
一旦ブラックリストに載ってしまうと、基本全てのクレジットカードの利用が出来なくなるばかりか、新たにローンを組む事が出来なくなります。

携帯電話の機種変更を月々の利用料金に混ぜ込み分割で後日決済する事も出来ないケースも見られ、少額であっても「現金決済以外不可の人」となってしまいます。
更に債務整理などに至った人に関しては、瞬時にこのブラックリストの仲間入りとなり、債務完済後も一定期間は新たにクレジットカードが出来ない状況が続くのが一般的です。
但し半永久的にクレジットカードが持てない状態が続く訳ではなく、最終的には各社が当事者の信用度を審査判断し「大丈夫」と判定する事で間口が開かれる可能性は十分設定されています。
何より大切なのは、皆さん自身がそうしたブラックリスト候補にならない事に他なりません。

このページの先頭へ